↑大阪の適塾なのだ。えのさんと緒方洪庵先生とのツーショット。この東京大散歩日記は、新天地を求めて、引っ越しました。これからは「えのさんの東京パラダイス」。ヨロシク。


by eno_san
カレンダー

<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

e0045856_193322100.jpg

e0045856_19332317.jpg

e0045856_1933234.jpg

 前略  明治記念館(JR信濃町駅から徒歩8分)でおこなわれたN先生のお祝いに出かけました。ここは、庭が素晴らしいですよね。夏は、ビアガーデンになったり。

 今日は日本料理のフルコースを賞味。写真は撮りづらい雰囲気だったので、お献立の一部をズームイン!(漢字のテストみたいですよね? 教養が試される?)

 その昔、うちの人と式場探しの時に、ここの明治記念館も見たのですが、なんか予算の関係だったか・・、結局は、母校の大隈会館でウエディング。で、エンディングです。

 会では、N先生のお孫さんが登場して、そのパフォーマンスで最高の盛り上がりを見せました。先生、本日はおめでとうございます。これからも生涯現役で、匠(たくみ)の技をお客様に。お孫さん、ほんとうに可愛いですね。楽しみですね。 早々

 追伸 <えのさんの東京大散歩>に登場する全ての写真は、携帯のカメラですよ。撮影後は、メールで送信しています。撮影機材・・au by KDDI → WIN の、W22SAです。このWINは、イヤホンでFMも聞けるし、ディズニーキャラも使えますよ。昔はどこも、NTTのドコモじゃないと、いけないと思っていましたが・・。(汗) 
[PR]
by eno_san | 2006-02-27 13:00 | ★携帯カメラ日記

またまた、○○物産展へ

e0045856_19223646.jpg

e0045856_19223694.jpg
e0045856_19223659.jpg

e0045856_19223680.jpg

e0045856_19223654.jpg
 <昔ながらの味から、近頃人気の味まで。地元自慢の名物をご紹介>ということで、
渋谷の東急東横店で、1日まで開催の○○物産展に出かけました。

 今回の目玉は、初登場の「とら食堂」です。白河ラーメンのルーツといわれるお店です(パンフより)。但し、お楽しみの「手打ち中華そばワンタン入り」は完売!オー・マイ・ガッ!!!っかり。 

 気持ちをたて直し、熟慮のすえ、<炭火で燻した香り高いチャーシューが山盛りのラーメン>を食しました。いやぁ、久しぶりのチャーシュー・ワールドに恍惚状態でした。5枚のチャーシューは、この世のものとも思えない・・味。

 食後は、会津中央乳業さんが出品の、「会津のべこの乳」で作られた、ソフトクリームです(写真)。会津の牛さん、ありがとう。

 幸わせというのは、
 いつも渋谷に行けば、
 手の掌にあるのです。

 我が家へのお土産は、「カリカリ菜なめこ」と「相馬牛ジューシーメンチ」の2品をチョイス。自分が行動すれば、「全国の名品を、自分のお口にお取り寄せ」というのが、えのさんの流儀です。(笑い)

 残念ながら、(福島)物産展に、銘酒売場は無し・・とほほ。
[PR]
by eno_san | 2006-02-25 14:25 | ★全国うまいもの市
e0045856_21173314.jpg

 明るいニュースが飛び込んできましたね。今、思えば、練習の画像で、意気込みを感じましたが、結果を出せましたね。荒川 静香(プリンスホテル)さん、おめでとう!
 
 <金>荒川 静香=191.34 点、<銀>サーシャ・コーエン=183.36点、
<銅>イリーナ・スルツカヤ=181.44点、<4位>村主 章枝 =175.23点、
<15位>安藤 美姫= 140.20点           (敬称略)
 
[PR]
by eno_san | 2006-02-24 21:17 | ★携帯カメラ日記
e0045856_22205180.jpg

e0045856_22205114.jpg
e0045856_22205162.jpg
 いやぁ、休肝日のない日々が続きます。


 今晩は畏友・関口さんとの豪遊。馬場・神田川沿いの立ち飲み屋さん<串ごっち・写真左>、つづいて、カラオケ道場<なかの・写真右>の2軒に出かけました。<なかの>のネーミングは、今日、ママから名刺をもらって了解。中野みどりさんが経営ということ。

 で、毎日が、休肝日でない、精悍日が続きます。

 読者の中には、「そりゃ、えのさん、体に良くないよ」と、苦言を呈する方もいるかと存じますが、酒を友とする小生、酒があっての、日々・好日です。

 ドクターストップがかからないよう、病院とか検査は、想定外です。(^_-)
[PR]
by eno_san | 2006-02-22 20:20 | □馬場・目白

これがホントの壁紙!

e0045856_19263721.jpg

 今や、入試シーズン。目白駅隣のホテルの壁(↑写真)に、「きっとサクラ咲くよ」のメッセージが。おっーと思い、ここにアップしてみました。学習院、日本女子大などの合格発表に備えて、ホテルも気の利いたことしますな。

 うちの愛娘も、23日に都立高校の受験です。合格発表は、3月1日。我が家に春が訪れるかどうかは、発表次第です。頑張れ、娘よ! 合格したら家族旅行。グアムか、ソウルか・・。いずれにしても、金一封です。
[PR]
by eno_san | 2006-02-22 13:00 | □馬場・目白
e0045856_19381277.jpg

 3月特別号の『文藝春秋』は、お買い得ですよ。芥川賞作品「沖で待つ」が、全文掲載です。

 総合職だから転勤もある女性主人公、パソコンのハードを壊す話、男と女の友情・・。今風で、いい話です。これが単行本になったら、760円で買えるか?

 その他の記事も内容豊富です。

①「雅子紀 その悲痛なる決意」

②「愚かなり、市場原理信奉者」(藤原正彦←この人は、今、ベストセラー本の『国家の品格』の筆者)。数学者だから、文章も、論理的で、わかりやすい。

③「堀江貴文 お子様資本主義の破綻」です。
[PR]
by eno_san | 2006-02-21 19:38 | ★携帯カメラ日記
e0045856_2317205.jpg

e0045856_23172040.jpg

e0045856_23172180.jpg
e0045856_23172271.jpg

e0045856_23172286.jpg
 今日は時間を作って、この3月に取り壊されることになった三信ビルに足をのばしました。場所は、JR有楽町駅から、日比谷公園方向に歩いて10分ほど。日比谷シャンテの近くです。

 歴史的建造物というか、モダンな回廊、5台のエレベーターが、アールを描いて横並びのエレベーターホール。最先端だっただろう、往年の店舗・・。もう、ほとんどのお店が引っ越しをしていて、地下街以外は、閑散としていました。

 回遊式スロープが売りの、<表参道ヒルズ>誕生の影で、こうした名建築が消えていくのでしょうね。変わりゆく東京駅周辺。その再開発の「余波」とも言えるでしょう。
[PR]
by eno_san | 2006-02-20 23:17 | ★携帯カメラ日記
e0045856_213526100.jpg

e0045856_21352658.jpg

e0045856_2135274.jpg

 今日、刷り上がってきたので、いち早く、ブログに掲載です。しっかりと読みたい人は1部150円をえのさんまで(笑い)。ほんとうに、マジで読みたい人がいれば、モニターということで、無料で送りますよ。コメント欄に<非公開>で、氏名と住所をお書きください。個人情報は、送付のためのみに使用します。

 さて、今回は、どたばたして、写真のキャプションで校正ミスを発見(具体的に書くと、リの文字がクになっていた)。ショックなり。校正は、昔から、<親の仇を討ち取る>ぐらいの気持ちで・・なのですが、目が活字で、<しょぼしょぼ>すると、オー、マイゴッド状態です。熱燗も、校正ミスを発見すると、急に、冷や・酒です。アーメン。・・・今晩は、早く、ねよっと。
[PR]
by eno_san | 2006-02-17 21:35 | ★携帯カメラ日記

新聞校了で、ホッと。

e0045856_23261110.jpg
e0045856_23261144.jpg
 今日は、丸一日、飯田橋の印刷屋さんにいて、赤鉛筆で新聞の校正をしておりました。

ここの印刷屋さんは、業界紙が専門で、「日本屋根新聞」とか、「ザ・タクシー」とか、「ユースホステル」の機関紙とか、いろいろです。校正室にいる人は、それらの業界を知り尽くした人ばかり。面白いですよ。

 で、うちの新聞に協力してもらっているA氏(写真で満面笑みの人)と、午後6時半、4面全てを校了にしたので、よく行く「かっぽうぎ」なるお店で、反省会。このお店は、席につくと、おばさんが、「お帰りなさい」と言ってくれるお店です。

 つづいて、これぞBARというお店で、小生はカルバドス、A氏はバーボンと、10時半まで、さらに反省会。今、北区じゃない、帰宅です。いやぁー、毎月、発行している新聞が終わると、ほんとうに、ホッとします。
[PR]
by eno_san | 2006-02-16 23:26 | □飯田橋・神楽坂

島根県は、美味なり

e0045856_202415.jpg

e0045856_2024238.jpg

e0045856_2024237.jpg
e0045856_2024269.jpg

e0045856_2024230.jpg
 今日は楽しみにしていた島根県の物産展(渋谷・東急東横店)に行ってきました。お目当ては、割子(わりご)そば、税込みで725円也。「甘皮ごと挽いたそば粉で丁寧に手打ちしたコシのあるそばを、秘伝の熟成だしでどうぞ」<奥出雲・そば処 一福>というコピーどおりの味でした。和菓子も、色とりどりで、爪楊枝(つまようじ)で試食せり。

 島根県といえば、小京都の<津和野>ですね。昔、学生時代に足を運びました。会場で、<津和野>のポスターを見て、旅ごころが刺激されました。津和野は、「記憶の中を歩いているような町なのです」というコピーがピッタリです。\(^_^)/
[PR]
by eno_san | 2006-02-13 20:02 | ★全国うまいもの市