↑大阪の適塾なのだ。えのさんと緒方洪庵先生とのツーショット。この東京大散歩日記は、新天地を求めて、引っ越しました。これからは「えのさんの東京パラダイス」。ヨロシク。


by eno_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:■名所古跡研究会( 17 )

e0045856_20204192.jpg

ターンしたあとの伸びかたが、カエルの泳ぎを研究したな、と。(笑い)
e0045856_20204168.jpg

水中でのフォームが、非常に参考になりますね。
今度、プールに行った時、やってみよう!
e0045856_20204131.jpg

今日は、オリンピック、高校野球(浦添商の試合、慶応の試合)を見ながら、
本の整理です。物置に押し込めたすべての本を取り出して・・。
e0045856_20204190.jpg

ブックオフに売るか、処分しないと、物置の戸が開かないのだぁ~。
美術展の画集関係は、美術書専門の古本屋がいいかな。
e0045856_20204139.jpg

これは、ちょっと手放せないのだ。
「アサヒグラフ」の美術特集で、お宝なのだ。

More 早稲田チンタラ節
[PR]
by eno_san | 2008-08-14 21:20 | ■名所古跡研究会
まだ、イマイチ、寝不足なので、
今晩の酒量を飲み終わり次第、寝るのだ。(笑い)
e0045856_2133928.jpg

花火シーズンが接近中。誰と出かけるか、それが問題だぁ~。
e0045856_2133959.jpg

「月刊TVガイド」の表紙に、なんと、えのさん登場です!

えのさん?織田裕二?
見た目は、まったくわからない。 ・・・そうか?
e0045856_2133914.jpg

名所古蹟研究会OBの皆さん!
元気にしていますか?

今日、届いた「早稲田学報」に、今年のホームカミングデーの日取りが・・。
また、大隈庭園で再会しましょうね!

関係者は、Moreへどうぞ。

More
[PR]
by eno_san | 2008-07-17 21:20 | ■名所古跡研究会
高田馬場、さかえ通りの名物、清瀧(せいりゅう)です。
おじさんたちの憩いの酒場なのだ!
e0045856_18301380.jpg

お馬で、お店に来るお客はいないはず。
酒や味よりも、冗談がうまい!ということか。(クスクス笑い)
e0045856_1830136.jpg

高田馬場駅側にあったアトムの壁画が、反対側のガード下に出来ました。
なぜ、アトムかというと、手塚治虫の事務所が馬場にあるというご縁。
e0045856_18301364.jpg

ガード下の、「うふぃつぃ美術館」(フィレンツェ)です。
e0045856_18301346.jpg

早稲田大学も4月1日の入学式を終え、
早くも各サークルが獲得した新入生の歓迎コンパ!
駅前の広場は、傘をさした若者でいっぱい。

こうした風景を見ると、今から38年前を思いだしちゃいますねぇ~。
どのサークルに入ろうか?

やっぱり、名所古蹟研究会だよね!
[PR]
by eno_san | 2008-04-07 19:55 | ■名所古跡研究会
大隈重信侯の健康訓

1怒るな。
2愚痴をこぼすな。
3過去を顧みるな。
4望を将来に置け。
5人のために善を為せ。
e0045856_2249184.jpg
大隈さんが提唱した「人生125歳」にちなみ、この大隈講堂の時計台までの高さも、それに合わせた125尺(約37.8m)の高さになっています。
e0045856_224917.jpg

わが大学よ! 125周年、おめでとう。
e0045856_2249294.jpg

記念会堂でのホームカミングデーに参加しました。
卒業してから、25年目、35年目、45年目、50年目にあたると、
大学から招待されます。招待状には、ドリンク券がついてます!(笑い)
e0045856_1257563.jpg

えのさん、間違えて、卒業後35年目(昭和48年卒)の席に。
ウソ? ホント?
e0045856_2249199.jpg

外に出ると、地ビールあり。いただき!
e0045856_2249242.jpg

大隈庭園で、横浜・崎陽軒の「シューマイ弁当」を。格別にウマイ!
e0045856_23152717.jpg

天気が良くて、眠くなってきました。芝生で寝るのはまずいので、
大隈講堂の椅子に座って、うとうと・・。
トランペットと、フラダンスの時だけ、お目覚め。
e0045856_23113290.jpg

経営史ゼミの仲間との集まりもありましたが、そっちはキャンセル。
名所古蹟研究会のほうの幹事役なので・・。

午後3時、名古研の集合場所、大隈庭園にふたたび。
芝生の上で、車座になって、生ビールで乾杯。
e0045856_23115121.jpg

皆さん、このブログの読者です。
午後4時に切り上げて、第2会場の高田馬場の「一酔万笑」へ。
e0045856_12565468.jpg

午後5時からの「一酔万笑」には、さらに5人が加わって盛り上がり、
2時間後、駅前のビックエコーで、大カラオケ大会です。
e0045856_12571556.jpg

津和野・萩、京都、会津、木曽路など、名古研・合宿の夜を再現!
紺碧の空、人生劇場、校歌の3部作を絶唱して、解散しました。
e0045856_12564521.jpg

大隈通り商店街にあるお店も、頭を使って、「祝125周年」です。

名所古蹟研究会のホームページです。クリックしてみてください。
[PR]
by eno_san | 2007-10-20 23:55 | ■名所古跡研究会
帰宅すると、ポストに大学からの「10/21」の案内が・・。

名古研のみなさ~ん。
ちゃんとスケジュールに入っていますか?
(20日がホームカミングデーだよ。1泊2日だよ、大川さん!)

このブログを見ている先輩、同輩、後輩の皆さん、
9月になったら、「OB会」の案内ハガキ(出・欠)を出すからね。
e0045856_20345054.jpg

大隈講堂、現在は工事中ですが、この秋には竣工予定です。
e0045856_20345090.jpg

大隈講堂の改修工事のポイントは、以下の3つ。
1 外壁タイルを一新
2 耐震化など
3 バリアフリーな空間
e0045856_20345038.jpg

西キャンパスの、我らが部室があった商学部は、現在は工事中で、
2009年竣工予定です。まだ先ですが、完成したら冷房完備?(爆)
e0045856_20345080.jpg

創立125周年を記念して、応援歌も誕生です。
こんな歌です。 早稲田 125(ワンツーゴー)! 
早稲田大学応援部
[PR]
by eno_san | 2007-07-04 20:34 | ■名所古跡研究会
手短な記事です。

今、TVで、ドラマ「愛の流刑地」が始まったので・・。
京都などのロケ地が出てくるのが楽しみ。(笑い)

岸谷五朗、高岡早紀主演、渡辺淳一作。
あなたは本当に人を好きになったことがありますか?
e0045856_21415712.jpg

この3点は、「新宿区新聞」に載っていたものです。
早稲田の古本屋街も、この10年で、閉店3店、開店3店です。
e0045856_2143247.jpg

「多くの店主は神田で修i行し・・・」
e0045856_2143266.jpg

書き写す時間ないので、これにて。

「新宿区新聞」は、なぜか、いつも読んでいます。
区の広報紙ではありませんよ。
[PR]
by eno_san | 2007-03-20 21:15 | ■名所古跡研究会
e0045856_20255125.jpg

えのさんは、後援会に入っているので 『早稲田学報』 が届きます。
このカレンダーは、その付録です。
e0045856_20255140.jpg

名所古跡研究会の OB 同志よ!
ホームカミングデーと稲門祭は、10月20日(土)だよ!

今年こそ、大隈庭園に、全OBが集合なのだ!
これを見た人は、ミタ君にも連絡だよ。(笑い)
e0045856_20255189.jpg

集まり散じて、人は変われど、仰ぐは、同じき理想の光
いざ声そろえて、声もとどろに、我らが母校の名をばたたえん、早稲田、~、~、~ぁ。 うぃ~。 ← 書きながら晩酌中なので、すみません。
[PR]
by eno_san | 2007-03-07 20:59 | ■名所古跡研究会
e0045856_15253783.jpg

大隈庭園でのチアリーダーの勇姿。↑・↓
大学のホームカミングデーにて。
e0045856_15253743.jpg

↓ 大隈庭園内にある完之荘。秋色になって来ました。
(約800年前の飛騨・高山の民家を移築した完之荘)
e0045856_15253721.jpg

e0045856_15253734.jpg
e0045856_15253729.jpg

e0045856_20222377.jpg
庭園で待ち合わせ後、リーガロイヤルの前にある寿司屋へ。店主(70歳)は、明日から組合の旅行だということで、ネタの大サービス。

「これが江戸前の寿司だぁー!」の逸品の数々を食す。銀座並みで、少し値は張りましたが、さすがにこの道55年以上の技は、シャリッとしていました。脱帽。
e0045856_2028832.jpg

「寿司はバランスだ」というY先輩の講評も、さすがでした。
e0045856_20233223.jpg

名所古跡研究会のOBです。某役所、某保険会社、商社マンでオーストラリアに詳しい某氏と、我も含めて、貸し切り状態の店内で、校歌、人生劇場など熱唱せり。(サントリーの角ビンを4人でイッキにあけました)
[PR]
by eno_san | 2006-10-22 15:00 | ■名所古跡研究会
神田と早稲田は、古本屋街の2大マーケットです。
毎年10月は、連携して古書市を開催します。神田は10月27日から。
e0045856_19405945.jpg

なんか、予感がしたんですね。
ずっと捜していた本を今日ゲットしました!!
暉峻康隆(てるおか・やすたか)先生が著した『日本人の愛と性』です。
e0045856_19405922.jpg

岩波新書で重版の予定なし、つまり世の中に2度と出てこない本です。それが青空古本市にいったら、目の前にあるじゃないですか。本の帯には、「純愛、嫉妬、姦通、心中・・文学の鏡に映った男女の愛と葛藤の姿」。

文学とは、人間である理由を知ること。これは暉峻先生に教わったこと。

えのさんは商学部なんだけれど、大学2年生の時に文学部の暉峻先生の
「文学B」の講義を1年間聴講しました。先生は、西鶴研究の第一人者で、
とても洒脱でした。「今朝は、食事をしてこなかったので・・」と、やおら
教室の窓を開けて、ゆっくりとピースを一服されるのです。

一服後、すぐさま「花魁(おいらん)の相場は、今の貨幣価値にして、お米・・」と、90分間、まったく時間を忘れさせてくれ、江戸時代にタイムスリップです。当時、早稲田大学の名誉教授。晩年はNHKの番組で俳句の指導をされていました。

早稲田も、昔は有名教授が山ほどいましたね。キリストのことをきりちゃん、ヘーゲルのことをへーちゃん、と呼びながら講義をする宗教学の先生とか・・。むずかしい話を易しく、さらに面白く講義してくれる。

なにしろ他学部の学生も評判を聞いて押し掛けるのですから。教室は300人収容でも、さらに立ち見ができる。今は、こんな先生はいないだろう。学問的に自信がないのだろうか。学校という処は、昔から、「一に先生、二に学生、三に施設」なんです。
[PR]
by eno_san | 2006-10-02 19:45 | ■名所古跡研究会
e0045856_19535612.jpg

e0045856_19535630.jpg

いやぁ、大隈講堂が隠れてしまいましたよ。
e0045856_19535669.jpg

で、大隈記念タワー(昔の学生会館。学園闘争以来、廃虚のままだった所にどーんと。)の、15階にあるレストラン「西北の風」で、生ビールを飲みながら読書を。眼下に大隈庭園とリーガロイヤルホテルが望める。
e0045856_19535621.jpg

月から土曜日まで、750円でランチあり。但し、ここの利用は原則として教職員か校友のみです。早稲田カードを持つえのさんと同伴なら可。↓
e0045856_19535664.jpg

[PR]
by eno_san | 2006-10-02 19:40 | ■名所古跡研究会